ホーム > 唐沢トランスレーションサービスブログ > > 自分の名前でネット検索すると...
唐沢トランスレーションサービスブログ

自分の名前でネット検索すると...

ご無沙汰している人にメールを出そうとして、「今どうしているのかな」という軽い気持ちでその人の名前でネット検索してみた。

思わぬ情報が出てきてびっくり。検索結果そのものは玉石混交なので内容を取捨選択する必要があるが、互いの間に横たわるタイムラグを埋めるための参考になった。

さり気なく気配りして「あなたに関心を持っていますよ」というメッセージを込めるとともに、「おめでとう」や「大変だったですね」など相手を褒めたりねぎらったりすることもできる。

抽出されたブログやソーシャルメディアの投稿などを見ると、時として自分が抱いていたイメージと違う相手がそこに居たり、今まで聞いたことのないその人の声が伝わってきたりする。

あなたも自分の名前でネット検索してみたらどうだろうか。思ってもいなかった意外な自分のイメージを知ることになるかもしれない。

もしあなたに多感な年頃の子供がいるのなら、ときおり子供の名前でネット検索してみてはいかがだろうか。

もしかしたら子供の叫びが聞こえたり、つらい思いをしている状況がわかるかもしれない。親として暖かく見守ってあげるとともに、安心の後ろ盾になってあげるきっかけになるかもしれない。

いつもググっているのだから、こんなちょっとしたことは簡単にできるはず。
コミュニケーションの大切さが声高に叫ばれているが、「無関心」は知らず知らずのうちに相手の心を傷つけているかもしれませんね。

「ねえねえ、聞いてよ~」というサインがあったら、忙しくてもちょっとだけ手を止めて笑顔を返してあげましょう。きっと心が開いて温かい気持ちになりますよ。

もちろん、それはあなたです。

自戒の念を込めて。

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.kts1189.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/112

PAGE TOP