ホーム > 唐沢トランスレーションサービスブログ

唐沢トランスレーションサービスブログ

本当に大切な人を心から大切にしよう

以前大きなプロジェクトに参加させいただいた会社の管理職の方からお電話をいただいた。仮にAさんとしておこう。Aさんには定期的にメールはお送りしていたが、ご無沙汰していたので声を聞くことができて嬉しかった。

新たな案件のご相談だったのだが、休日に温泉へ来たついでに私の事務所の前を通ったら看板がなくなっていたのでどうしたのかと言われ、状況を説明しつつ「こんなに思っていてくださるのだなぁ」と感激してしまった。

発注会社と下請け的な高圧的かつ傲慢な態度で、ただ単に値引きを強要する人がいる。こうした人をBさんと呼ぶことにする。

Bさんのような人にも誠意を持って対応したいとは思うが、Aさんのような人にこそ、より多くのリソースを割いてできる限り大きな成果を出して欲しいと思うのは当然の成り行きだろう。言われなくてもAさんにはできる限りの優遇レートを適用し最優先に作業を進めていくのだ。Bさんにはトップランクの担当者が割り当てられることはない。結果的に、無理やり押し付けた超安値に見合うサービスしか受けられないのだ。

改善を進めて品質を上げ、納期を短縮し、コスト低減を図るのは当然のことだ。しかし、「赤字でも仕事があるだけありがたいと思え!」のようなことを平気でいう人がいるのも事実だ。こういう人とはお付き合いしたくもない。そうした時間に改善を進めて、本当に大切な人のために役立てるのが筋だと思う。

これからもAさんのような人を大切にして、信頼関係を築いて行きたいと思う。

Bさんのような人は、翻訳の依頼だけでなくいろいろなところで同じようなことをしているのだろう。そうしたやり方は決して望ましいことではなく、良好なコミュニケーションを通して最高の結果を出すためには修正が必要だと思う。

Bさんは会社の看板を失くしたとき、自分の実力や周りの人から受けていた優しさにはじめて気がつくのだろう。いや、それでも気が付かないのかもしれない。

一本の電話から感じた、ちょっとした気づきでした。

 

翻訳やNLPの気づきや役立つ情報を発信していきます

おはようございます。日々感じたり思ったりしたことを皆さんとシェアしていきたいと思います。翻訳に限定せず、さまざまな気づきや活動の中で得た役立つ情報を発信していきますのでご購読いただければ嬉しいです。

今日は伊香保温泉の金太夫に泊まります。家族風呂とバイキングの食事が楽しみです。

 

« PREV 1  2  3
PAGE TOP