ホーム > 新着情報 > リラックスタイムに読んだ本の感想です
リラックスタイムに読んだ本の感想です

リラックスタイムに読んだ本の感想です

『感情リセット術』樺沢紫苑著 三笠書房「知的生きかた文庫」

手にとってパラパラとめくったときの第一印象は「読みやすそう」。

 

項目や見出しだけでなく、重要なポイントやガイドが水色の太字やマーキングになっていて、「ここは重要だよ」と著者が話しかけているように思えます。

項目の最後にPointがマンガでわかりやすく連想できるようになっているのもグッド。

こうした構成も脳科学の知見なのかもしれません。

実際、1時間半ほどで読了できました。

 

文庫のハンディサイズなので、読後も手元においてすきま時間にパラパラとめくって読み返すと記憶に定着しそうです。

単なる知識として読み流すにはもったいない内容です。

日々の生活や行動に取り入れてこそ活きてきます。

 

具体的で腹落ちする表現なので、比較的容易に「知っている」から「やっている」へとシフトチェンジできるでしょう。

流行語の「そだね~」をもう一歩進めて「実はね、僕もそうなんだよぉ」にしたいと思います。こうして感想文を投稿するのも読後アウトプットの一つです。

 

また、著者の「アウトプット大全」を一緒に読むとさらに効果が上がると感じました。

 

740円の自己投資は決して裏切らないですよ。おすすめです。

PAGE TOP